ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

閉じる

ここから本文になります。

ワークフローサービス機能紹介 - 承認

申請書の種類毎に承認フローを設定できるだけでなく、承認者の途中追加や代理承認など、承認者の途中変更も可能です。

申請書式単位で設定可能なフロー、申請者が都度選択可能なフロー

運用管理者が申請書の種類毎に承認フローの初期値が設定できるので、ユーザーは申請書の作成時に毎回承認フローを指定する必要がありません。一方、必要に応じて申請者が自身で承認フローを選択し、申請することもできます。

部署承認設定

承認フロー中の回付ルートに部署名を設定することができます。その場合、部署の所属メンバーの中から承認できるユーザーを設定します。

転送設定

承認時に他のユーザーに申請内容を確認、相談をする必要がある場合、転送することができます。

不在処理設定

承認者が出張や長期休暇などで不在となる期間に、申請が滞らないように対応するための設定項目です。代理承認者となったユーザーは、本来の承認者に代わって、承認/否決/差し戻しのいずれかの処理を行なうことができます。
また、運用管理者が、不在となる本人の代わりに不在設定をすることができます。

承認印を自由に設定

社内統一の印鑑画像をスキャンして取り込み、ワークフローの承認印として使うことができます。 特に設定をしない場合は、デイト印のように日付、承認者の名前が表示されます。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。